小林慎太郎のブログ

ラブレター代筆、プレゼンテーション指導、スピーチライティングなどをサービスとして提供するデンシンワークス(dsworks.jp)代表、小林慎太郎のブログ

『この世界の片隅に』に、出くわした

先週、会社帰りに、観ました。話題の『この世界の片隅に』。

感想としては、「あぁ、つかまってしまったな……」という感じです。

 

僕は、生来の過剰な自意識、羞恥心、弱さ、脆さ、無責任、色々な要素があいまって、悲しいことやつらいことと、真正面から対峙することが苦手。まあ、得意です、という人もいないとは思うけれども。

 

悲しいことは悲しくて、つらいことはつらいから、顔を背けてしまう。

悲しさに涙を流すような純粋さは持ち合わせておらず、残酷な現実に立ちむかような責任感や強さも持ち合わせていないため、代わりに、にやにやへらへらしながら、悲しさや現実を茶化そうとする。「悲しいことは笑いに昇華すればいいさ」と人格者ぶって、茶化そうとする。

 

ただ、最近は、37歳という年齢がそうさせるのか、はたまた、二児の父親という立場になったせいかはわからないが、茶化すのが下手になってきた。

 

昔は、ははは、と澄まし顔で茶化せていたことが、上手く茶化せない。

笑おうとしても、苦笑いになってしまう。

 

ああ、なんだかまずいな、と思っていたタイミングで、この映画に出会った。

出くわしてしまった、という方が正確か。

 

「ああ、つかまってしまったな……」と、思った。

 

顔を背け、逃げようとしていた僕の手首を、この映画が、やさしくつかんだ。

能年玲奈(現:のん)の、大人びた子供のような声が、呼びかけ、振り向かせる。

 

よし、明日から頑張るぞ!と前に進ませる映画ではないし、かといって、

ああ、昔はこんなだったな、と過去に戻すような映画でもない。

ん?ちょっと待てよ……、とその場に立ち止まらせる、そんな映画だと思う。

 

結論としては、『あまちゃん』ですっかり”のん”の魅力に取りつかれていた僕としては、彼女の表舞台への復活を、心底喜ばしく思う。そういうことです。